TOP|新城眼科オフィシャルサイト

網膜剥離

網膜剥離とは

網膜剥離の程度により様々な症状がおこりますが、最悪の場合失明に至るので早めの眼底検査が必須です。

症状

黒い糸くず様のものがチラチラ飛んで見える飛蚊症、光がチカチカ見える光視症、カーテンが下りてくる様に見える視野障害、強度の視力低下などです。

原因

多くの場合、網膜の周辺部分に網膜裂孔が発生し、そこから網膜下に水が入り短時間のうちに網膜剥離に至ります。

網膜剥離

診療

眼底検査で診断します。
治療は軽度の場合はレーザー治療、中等度以上の場合は手術が必要です。
剥離面積が少ないうちに治療をすることが予後に重要です。気になる症状がございましたら、できるだけ早期に眼底検査を受けてください。

網膜裂孔治療

診察受付時間

新城眼科・外観

武蔵新城駅徒歩0分!
神奈川県川崎市中原区新城3-2-13
ラビスタビル3F
武蔵新城南口駅前、バスロータリー前
無料駐輪場、無料駐車場完備