TOP|新城眼科オフィシャルサイト

小児眼科

小児眼科について

代表的な小児の眼病は、斜視、弱視、結膜炎、色覚異常、調節痙攣、眼瞼下垂などです。

子供の眼病の特徴

子供は視力障害を自覚しずらく、自ら訴えることが少ないため、発見が遅れがちになります。
また、子供の眼は成長期にあります。眼先天異常や眼病発生は正常な目への成長を阻害してしまう可能性があり、大人の眼病に比べて特別な注意が必要です。

弱視の治療

弱視は、生まれつきの強度遠視や強度乱視、不同視などが原因で視力の正常な発達が出来ない状態です。
お子様ご本人に自覚症状がなく訴えがないため、3歳児健診や学校健診などで初めて見つかる場合がほとんどです。
治療は弱視矯正眼鏡の装用やアイパッチなどの弱視訓練ですが、早期治療しないと手遅れになりますので、早期発見が大切です。

アイパッチ

診察受付時間

新城眼科・外観

武蔵新城駅徒歩0分!
神奈川県川崎市中原区新城3-2-13
ラビスタビル3F
武蔵新城南口駅前、バスロータリー前
無料駐輪場、無料駐車場完備